FC2ブログ
2006年に会社を辞めて起業、一時は急成長するも失敗、2012年にすべてを失いコンビニのバイト店員に。全財産100万円を元手に株で再起を図る。まずは目標1000万円。
コンビニのバイト店員が株で圧倒的に勝つ!
8月16日 8月の話題
2013-08-16-Fri  CATEGORY: 未分類
3632グリー4,500株中2,300株を1,023円で利益確定。
その後3632グリー2,300株を920円で買い直し、計4,500株を持ち越し中。

今日は+34,920円の勝ち。

終戦の日にはマスコミも戦争について取り上げるが、この日を過ぎると話題にはしなくなる。
今だけの議論だ。

太平洋戦争はなぜ起こったのだろうか。

一言で言えば石油のためと言えるかもしれない。
しかしこの背景は根深い。

68年前の9月2日、アメリカの戦艦ミズーリの甲板で降伏文書への調印が行われた時、そこには2枚の星条旗が飾られていたという。
1枚は真珠湾攻撃の時にホワイトハウスに飾られていた物、そしてもう1枚は、その昔ペリーが黒船で来航した時に掲げられていた物だという。

これは何を意味するのだろうか。

この2枚は同じ意味を持っていると見て取れる。

よく、160年ほど前に黒船が来航した時、混乱した幕府がアメリカの圧力に屈し、開国したように言われているが、それは正しくはない。
当時の交渉の記録は今に伝えられている。
そこには、日本側全権代表をつとめた林復斎が、ペリーの武力による圧力に屈することなく、対等交渉を展開していく様子が描かれている。

現実の開国や、不平等条約などは、これよりもあとの話だ。

恐らくこれは、アメリカにとっては屈辱的なことだったのだろう。

私は、ここにアメリカという国が、日本のみならずアジアの国や人をどのように見ていたのか、それをうかがい知ることができると思っている。

東京裁判の被告人たちは、全員、4月29日に起訴され、死刑は12月23日に執り行われた。
この2つが何の日か、日本人ならば誰でもご存じだろう。
ここにも、いやおうなくアメリカ側の悪意が感じられる。

ともあれ、終戦の日は過ぎた。
この議論が湧き上がるのは、また来年の8月。

現在の運用資金 1,548,902円
1000万円まであと 8,451,098円

現在の口座サマリー
account20130816.png
スポンサーサイト



トラックバック0 コメント7


Copyright © 2019 コンビニのバイト店員が株で圧倒的に勝つ!. all rights reserved.