FC2ブログ
2006年に会社を辞めて起業、一時は急成長するも失敗、2012年にすべてを失いコンビニのバイト店員に。全財産100万円を元手に株で再起を図る。まずは目標1000万円。
コンビニのバイト店員が株で圧倒的に勝つ!
2月26日 続く危機
2013-02-26-Tue  CATEGORY: 未分類
4751サイバーエージェント11株中6株を175,800円で、5株を175,700円で、9984ソフトバンク600株を3,435円で共に損切り。
その後3632グリー3,400株を1,167円で買い、持ち越し中。

今日は-30,544円の負け。

以前、ギリシャが危機に瀕した時、ある人に「あの国はなぜあんなことになってしまったのか」と質問されたことがある。
その頃、テレビの経済番組などでは、「シエスタがあるせいだ」「税金を払わない国民性だ」などと平気で言われていた。
私は国債の利率の問題やCDSのことを説明した。
しかし、難しい話はどうでも良い。
要するに、ギリシャ国民が悪い訳ではないということだ。

突き詰めて行くと、ウォール街の食い物にされたため、と言う事ができるのではないかと思う。

2009年の政権交代で、新政権はこれ見よがしに財政赤字を暴露した。悪辣な前政権が隠していた、という訳だ。
しかし国債は秘密裏に売り買いするものではない。
金融関係者の間ではある程度見えていたはず。
この暴露をきっかけに、ウォール街の新たな金儲けのターゲットにされた、というのが真相だろうと私は思っている。

今、ギリシャ国民は緊縮策にあえいでいる。大規模なデモも起こった。
「自分達は何も悪くないのに」
それがギリシャの人達の本音だろう。

イタリアも同じ状況だと思う。
「自分達は何も悪くない。それなのに、なぜ緊縮策を受け入れなければならないのか」
それがイタリア有権者の本音なのではないだろうか。

今のユーロ危機も、結局ウォール街自身が痛い目に会うまで続くのかもしれない。
ちょうどリーマン・ブラザーズの時の様に。

現在の運用資金 1,358,082円
1000万円まであと 8,641,918円
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL


Copyright © 2019 コンビニのバイト店員が株で圧倒的に勝つ!. all rights reserved.