FC2ブログ
2006年に会社を辞めて起業、一時は急成長するも失敗、2012年にすべてを失いコンビニのバイト店員に。全財産100万円を元手に株で再起を図る。まずは目標1000万円。
コンビニのバイト店員が株で圧倒的に勝つ!
10月3日 戦後最悪
2014-10-03-Fri  CATEGORY: 未分類
3843フリービット600株を1,455円で利益確定、3113Oakキャピタル3,800株を375円で、4751サイバーエージェント300株を3,650円で損切り。
その後3843フリービット700株を1,519円で、6079エナリス1,000株を1,239円で、7779サイバーダイン300株を3,535円で買い、持ち越し中。

今日は+24,013円。

捜索が難航する御嶽山だが、戦後最悪の火山災害と報道されるに至った。

そう聞くと、それまで最悪だった13年前の雲仙普賢岳のケースが思い出されるが、今回とは少し事情が違う。

13年前の雲仙普賢岳の場合は事前に危険性が分かっており、避難勧告区域が定められた。
しかし報道関係者がそこに勝手に入り込み、報道活動を始めた。

その際、彼らは避難したあとの人家に不法に侵入し、電話を無断使用し、撮影機材を動かすための盗電も行っていた。
また別の地域では、避難して無人となっていた人家に泥のついた靴で土足で上がり込むようなこともしていた。

そのため、いったんは避難していた地元の消防団員や警察官などが警戒のため戻り、巻き込まれる形で報道関係者と共に命を落とした。

地元警察によると、危険なのでマスコミには下がってほしいと何度も言ったが、「自分の命は自分で守る」と、言うことを聞かなかったそうだ。

これらのことは、当然ながらマスコミからは報道されない。
のちになって、幾つかの本や報告書が書かれた。

しかしいずれにせよ、亡くなった方は皆、不幸な犠牲者に違いないだろう。

犠牲になった報道関係者の中には、アルバイトの大学生まで含まれていた。
現場で犠牲になったのは、やはり立場の弱い人達だったのだろうと思う。

ただ思うのは、雲仙普賢岳の場合は失われなくてもよかったはずの命だった。
そのような命が失われた。

その意味で、雲仙普賢岳の方が未だに最悪という気がする。

一方、今回の御岳山では、事前に危険性は分からなかった。

被害者には何の落ち度もない。
ただただ不幸としか言いようが無い。

今回の災害がなければ、皆それぞれの未来があったろうに。

亡くなった方々のご冥福をお祈りする。

現在の運用資金 1,194,269円
1000万円まであと 8,805,731円

現在の口座サマリー
account20141003.png
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL


Copyright © 2019 コンビニのバイト店員が株で圧倒的に勝つ!. all rights reserved.