FC2ブログ
2006年に会社を辞めて起業、一時は急成長するも失敗、2012年にすべてを失いコンビニのバイト店員に。全財産100万円を元手に株で再起を図る。まずは目標1000万円。
コンビニのバイト店員が株で圧倒的に勝つ!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10月21日 核心
2014-10-21-Tue  CATEGORY: 未分類
2121ミクシィ200株を6,080円で、3113Oakキャピタル4,000株を336円で損切り、9419ワイヤレスゲート200株を4,630円で売り。
その後3687フィックスターズ400株を3,700円で、9424日本通信3,700株を522円で買い、持ち越し中。

今日は-40,400円。

以前書いたことだが、私がブラックショールズ方程式を初めて見たのは2012年12月のこと。
株を始める少し前のことだ。

当時、暇をもてあましていた私は、株価も市場メカニズムに従うはずと思い、株価変動を近似できる方程式作りに取り組んでいた。

もしこれが完成すれば、その先、株価がどう変化するか予測することができる。
ようするに、「未来の株価チャート」を手に入れることができる。

そう私は思っていた。

しかし、そう思って持てる知力を振り絞って取り組んでいたのだが、何ヶ月かけても一向に完成させることができなかった。
来る日も来る日も、失敗作だけを延々と作り続けていた。

そんな時、ネットでブラックショールズ方程式を見つけた。
そして株を始めるに至った。

しかし、これも以前書いたことだが、株を売買するにあたり、私はブラックショールズ方程式を使ってはいない。

話が矛盾しているではないか、と思う人もいると思う。

もちろん、使っても良い。
しかし、私が目指していた手法とはアプローチが異なる。

それゆえ、私は使っていない。

しかし、私が「核心」と思う所は使わせてもらっている。

それは、ブラックショールズ方程式が熱伝導方程式と同一、というところである。

そしてこれこそが、ブラックショールズ方程式がもたらした革命であると思っている。

現在の運用資金 1,175,633円
1000万円まであと 8,824,367円
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL


Copyright © 2018 コンビニのバイト店員が株で圧倒的に勝つ!. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。