FC2ブログ
2006年に会社を辞めて起業、一時は急成長するも失敗、2012年にすべてを失いコンビニのバイト店員に。全財産100万円を元手に株で再起を図る。まずは目標1000万円。
コンビニのバイト店員が株で圧倒的に勝つ!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12月5日 解いた人
2014-12-05-Fri  CATEGORY: 未分類
3113Oakキャピタル4,700株を409円で損切り、7844マーベラス600株を1,890円で、9424日本通信2,200株を669円で利益確定。
その後2497ユナイテッド900株を1,643円で、7844マーベラス1,400株を2,076円で買い、持ち越し中。

-51,177

これまでブラックショールズ方程式のことを書いてきたが、

「その方程式でコールオプションを算出できることは分かった。だが、知りたいのはコールオプションではなく、株価なのだが・・」

といった声が聞こえてきそうだ。
それは私も同じである。

だがその前に、昨日まで取り上げて来た熱伝導方程式を解いた人のことを、ちょっと書いておきたい。

熱伝導方程式は見て分かる通りシンプルな方程式だ。
しかしこれを解くのは難関で、過去、幾多の数学者が挑み、挫折してきたようだ。

経済学では「ラグランジュ方程式」でよく知られている数学者ラグランジュもその一人で、この高名な数学者をもってしても、熱伝導方程式を解くことはできなかった。

この方程式を初めて解いたのは、名も無き若き数学者であった。

彼は考えた。

この偏微分方程式を正面から解こうとすると、まともには解けない。
しかし、波の方程式の偏微分方程式ならば、解くのは比較的容易である。

そこでこの方程式を、波の方程式の足し合わせで表現することはできないものか。

彼はそのアイデアに知力を注ぎ込み、遂に解法へとたどり着いた。
そしてそれを論文にまとめ、発表した。

だがその評価は散々なものだったようだ。

当時の高名な数学者たちは、その解を、「単なる特殊解の一つが示されただけ」と切って捨てた。

現代においては、彼の手法は広く認められており、その応用により、数学のみならず、医療や宇宙工学、エンターテイメントといった様々な分野にまで貢献している。

彼の名をフーリエと言う。
そして彼の発明した手法はフーリエ変換という名称で知られている。

以前、株ブログを幾つか見ていて、正確なタイトルは覚えていないが、フーリエ変換を使って株で稼ぐ、のようなブログを見かけたことがある。
ブログ主は仕事でフーリエ変換を使っている人で、その知識を応用して株式売買に挑んでいる様子だった。

これも以前書いたと思うが、株で勝つ方法は、これが決定版、などというものは無く、おそらく無数にあるのだろう。

様々な分野の人が、持てる専門知識を使って挑んで来る世界、それが株の世界なのだろうと思う・・

現在の運用資金 1,522,840円
1000万円まであと 8,477,160円

現在の口座サマリー
account20141205.png
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL


Copyright © 2018 コンビニのバイト店員が株で圧倒的に勝つ!. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。