FC2ブログ
2006年に会社を辞めて起業、一時は急成長するも失敗、2012年にすべてを失いコンビニのバイト店員に。全財産100万円を元手に株で再起を図る。まずは目標1000万円。
コンビニのバイト店員が株で圧倒的に勝つ!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12月26日 壁
2014-12-26-Fri  CATEGORY: 未分類
4564オンコセラピー・サイエンス4,200株を570円で、7779サイバーダイン500株を3,215円で買い、持ち越し中。

+35,785

ia²b×S-a²×∂S/∂t=ab×∂S/∂x-ib×∂²S/∂x²

ちょっとここで、形を整えよう。
まず両辺に-iをかける。

a²b×S+ia²×∂S/∂t=-iab×∂S/∂x-b×∂²S/∂x²

項を移動すると

ia²×∂S/∂t=-b×∂²S/∂x²-iab×∂S/∂x-a²b×S

右側の2項を元の式に戻してみよう。

ia²×∂S/∂t=-b×∂²S/∂x²+(ia²b×S0×sin(ax-bt)-a²b×S0×cos(ax-bt))

せっかく消した三角関数が、また現れてしまったじゃないかと思うかもしれないが、これを更に変形すると

ia²×∂S/∂t=-b×∂²S/∂x²-a²b×S0×(cos(ax-bt)-isin(ax-bt))

右辺に現れた三角関数の組は、実は間の符号をひっくり返した

cos(ax-bt)+isin(ax-bt)

の複素共役と言う。
これをかけると1になってしまうのだ。

これを使うと次の通り、三角関数が魔法のように消えてしまう。

ia²×∂S/∂t=-b×∂²S/∂x²-a²b×S0×exp(-i(ax-bt))

さて、思えば元は単純な株価の式だったが、数学を駆使してここまで辿り着いた。

ここには、ブラックショールズ方程式の熱伝導方程式とは全く別の方程式が現れた。

しかし数学だけでは、たぶんこれが限界だ。
これ以上、何をどうすればよいのだろう。

だが、これはまだ行き止まりではない。
この壁の向こう側には、さらに道が続いている。

来週はこの壁をぶち破り、さらなる道を進んでみよう・・

現在の運用資金 1,435,153円
1000万円まであと 8,564,847円

現在の口座サマリー
account20141226.png
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL


Copyright © 2018 コンビニのバイト店員が株で圧倒的に勝つ!. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。